検索
  • Miyamoto YURIKO

ひとりになると、途端に才能が消える

普段の仕事はチームで行う。

DTPデザイナーとか、ウェブデザイナーとか、イラストレーターとか、

プランナーとか、ディレクター、カメラマンとか。


幸い、わたしの周りは非常に優秀な人が多く、

出来上がったものは、いいなと思うし、毎回勉強になる。


しかし、だ。

私ひとりになると、途端に能力のスケールが狭くなる。

考えるに、デザインの才能がない。


wixでウェブサイト作るにあたって、異常に時間がかかっていたのはこのためである。


「もっとかっこよくできることは知っているけど、自分では追いつけない」


このギャップに「こんなデザインじゃない」

「こんな写真は違う」などとぶつぶつ言いながら制作を進めてきた。

数ヶ月後、やっと「時間をかけたところで才能の深い溝は埋められない」と気づく。

そして先日、諦めの境地でサイトを公開した次第。


なんでもそうだ、カメラの技術も。

あるいは文章だって。

「できないこと」ばかりが目につく。

できる人と、たくさん仕事をしたんだから、少しは上達してもいいはずなのに。


それでも、現時点の才能のまま、やっていくしかない。

まあ、本当にぼちぼち。

いろいろ、頑張っていきます。



写真は、先日撮影立ち会い先で出合った謎の虫。

昆虫と思っていたけど、写真をよく見ると足が7本。

片側1本の足は折れているので、蜘蛛であろうと思われる。

…こんな写真ばっかり撮っているから上達しないんだろうな…



7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示